【アズールレーン】13-2をオートでクリアした感想【アズレン】

13-2 悠遠の笛title

こんにちは、べるぶるです。

今回は第13章をオートでクリアした感想、第2回。

2つ目の「13-2 悠遠の笛」です。

スポンサーリンク

13-2挑んだ感想

13-2 悠遠の笛10
初見ボス対峙した時(味方HPにご注目)

13-1がすんなりクリアできたので、13-2もすんなりいけるだろうと安易に挑みました。

道中は前回の編成で(なんとか)突破できたのですが、問題はボス戦でした。

とにかくボスのショウカクにたどり着くまでがきつい。ボスに接触できてもすでにボロボロというなかなかハードな状態でした。

何度やってもだめなので諦めて、編成をいじりまくりました。

いじっては挑戦を繰り返すこと7回目でようやく突破することができました。

ちなみに制空権はまだ考慮していない・・・(一応、制空権優勢でした)

道中、ボス戦について

初回クリア時の編成になります。まずは道中から・・・

道中の編成

13-2 悠遠の笛01

13-1で活躍した中華コンビを道中用に編入しています。

軽巡であるが、中華コンビではボス戦の艦載機を叩き切れず、主力艦隊がボロボロになるので厳しいかなーと感じたためです。

ただ回避性能と対重桜であることから、相性はいいはずなので道中用に振り替えました。

道中用に使ってみた感じ、ユニコーン、明石のおかげもありますが、ほとんど体力減りません。

怖いのは主力艦隊へのダメージでしょうか。

ユニコーンと明石の火力がない分、時間がかかると敵戦艦の大砲や大量の艦載機に飲まれる可能性があります。

道中で気を付けたいこと

前回同様、大型主力艦隊、大型航空艦隊を避けました。

航空は艦載機、主力は戦艦の主砲がやばく、危険です。

あと、小型航空艦隊も危険です。罠です。初見で旗艦がやられました。

戦闘最後に空母と戦艦が同時にでてきます。きついです。(旗艦に消火器あればまだ・・・でも火力がー)

なお、陣形は今回も単縦で全て戦いぬきました。

ボス戦の編成

13-2 悠遠の笛04

中華コンビでは対空がだめだったので、サンディエゴのいる編成にしました。

ただ、今度は逆に前衛がボロボロになって敗北することになりました。

紆余曲折した結果、耐久に強い、ボーランド改、ウンディーネを入れて頑張って耐えてくれと祈る編成にしました。

次に主力ですが、ウォースパイトからモナークに変えました。

ボスにたどり着くまでの敵数が多いのでスキルの範囲攻撃でうまく処理できないかと考えた結果です。ついでに艦載機も狙える三式弾装備です。

他に前衛を防御するためにイラストリアスをいれたのですが、戦闘機のおかげか意外と活躍してくれました。

13-2 悠遠の笛05
初クリア時

ちなみに陣形は輪形陣です。

ボス戦で気を付けたこと

気を付けたことは画面から目を離さないです(笑

この編成前衛頑張ってくれと祈るのですが、頑張れないことがたまにあります。

ですので画面から目を離さず注視した方がよいです。

恒例の危なくなったら右上ボタンから戦闘中止し一時離脱。からの再戦闘で勝利を狙います。

ちなみに、今回も潜水艦隊は戦闘中の魚雷支援は使っていないため、割愛します。(13章ではボス戦でも活躍するので育てておくのはありですよ!)

クリア編成のキャラ詳細

最後に、初回クリア時のキャラ詳細を掲載し終わります。

13-1からの使いまわし部分は装備やステータスに変更ないです。

イラストリアス

スポンサーリンク